TAKE YOUR MARKS!

ヒトリゴト + タワゴト + ボヤキゴト・・・ヒメゴト?

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 7月6日(日) / 石垣島・黒島 | 7月7日(月) / 波照間島 >>

7月7日(月) / 波照間島


(注!)日記は7月12日に書いております!

いよいよ、1年ぶりに大好きな波照間島へ。
前回もちょうどぴったり1年前にこの島を訪れてその時は2泊したのだけれど、今回は本島にも行ってしまったので、1泊が限界。それでも、またあのニシ浜の美しいクリームソーダ色の海に会えると思うと朝からワクワク。あ、でもその前に地獄の航海があるんだった。

安栄観光の8:20発の1便に乗るべく、離島ターミナルにやってきたのは8時。甘かった。安栄の1便は既に売り切れ。そりゃ、そうか。だって定員12名なんだもの。そんじゃお次は波照間海運の8:30発の便!と思って、チケット売り場に行くと既に10人くらい並んでる。ガーン。やっぱり甘かった。自分の番が来るまで1便に乗れるのか出発時間ギリギリまでわからなかったけど、何とかチャーター便のチケットが購入出来た。

◆安栄観光
http://www.aneikankou.co.jp/

◆波照間海運
http://haterumakaiun.web.infoseek.co.jp/

トイレに行く時間もないまま、高速船に乗り込み、1時間の地獄の航海がスタートした。乗り物には強い方だったし、絶対に酔わない自信もあったのに、ある時から(2007年1月の世界最南端アルゼンチンはウシュアイアのビーグル水道クルーズ以来)船に酔うようになってしまった。去年の波照間行きの際も気持ちが悪くなったし恐いので、今年は酔い止め服用して万全の体制を整えていた。おかげで全然地獄じゃなかった。ホッ。

波照間島到着。迎えの車に乗り込み宿に向かう。チェックインが14時からとのことで、とりあえず荷物だけ預けて、「レンタルクマノミ」さんで事前予約していた電動自転車を借りる。去年、炎天下のさとうきび畑のど真ん中で、熱中症でフラフラになった恐怖から、今年は、アップダウンの多いこの島を少しでも楽チンに回りたいと思い予約したのだ。

◆波照間島のレンタル屋さんクマノミ
http://www.kumano3.com/


◆星空観測タワー 注!月曜はお休みですあせあせ

なるべく午前中の太陽が高い位置にあるうちに、遠い方から回ろうと思い、まずは灯台横を通って、波照間空港横を抜け、星空観測タワーへ。残念なことに月曜日お休みらしく(去年もそうだったかも)入れず。観測タワー横の休憩所にて共同売店で買ったおにぎりセットを食べながら、しばし休憩。去年はフラフラでここに1時間以上居たんだっけ。


◆ユキちゃん発見!

◆長老をはじめとするユキちゃん一家 逃げないでー!

ここら辺にヤギが居るはずなんだよなーと裏手に回ると、やっぱり居た!ヤギ発見。勝手にユキちゃんと名付け、ユキちゃん呼ばわりしながら後を追いかけると居るわ居るわ、ヤギ一家。長老みたいなのを初め、おばあちゃん、お父さん、お母さん、ユキちゃん、弟。しかも追いかければ追いかけるほど、みんな揃って逃げていく。騒がしくしてごめんね・・・。

そして、ここでこの旅最大のショックな出来事。戻ろうとしたら石につまづいて、カメラ落下。何て馬鹿なの。急いでカメラをチェック。シャッター押してみると普通に撮れてるし、ちょっとフィルターの淵を破損させただけで何でもないじゃん、良かったと思ったけど、そうじゃなかった。単なる保護フィルターだったら、「新しいの買えばいいや、本体とレンズが何でもなくて良かった」ってだけだったんだけど、C-PLフィルターで、衝撃で湾曲してしまい、偏光調整が全く出来なくなってしまった。


◆写真で見ると涼しそうなんだけど、ものすごく暑いの。

それだけならまだいいんだけど、レンズから外そうとしても外れないし、これじゃただの意味のない黒いフィルターがただ付いているだけで、暗い所で撮影する時に余計にシャッタースピードが遅くなるだろうし、最悪。このC-PLフィルターで、ニシ浜の海の色と空の青さを強調した写真を撮りたかったのに、まだ1枚も撮ってなかったあせあせ 何のためにこの高いフィルター買ったんだろう。


◆日本最南端の碑

でも、起こってしまったことはしょうがない。カメラ本体が壊れなかっただけでも良しとしようと、最南端の碑へ向かった。相変わらずたくさん人が居て、みんな仲間同士で写真を撮りまくっている。私も負けずに使えないフィルターをつけたカメラ(笑)で、数枚の写真を撮った。1人だと他の人のことを気にせずに好きな場所で好きなだけ写真を撮れるのでいい。


◆ペムチ浜・・・で、合ってるはずだけど。

次はペムチ浜。去年はここに来る余裕がなかったので、初めて。展望場所に行くには坂道を登らないと行けないんだけど、電動自転車なのでスイスイ。涼しい顔して(決して涼しくはないが)、立ちこぎせず到着。やっぱり波照間では電動自転車で正解。でも、ここら辺でそろそろ熱中症の症状が。一旦宿で休憩した方がいいと思い、本日の宿、ペンション最南端のあるニシ浜方面へ戻ろうとするも何故か迷った。


◆行けども行けどもウージが広がる。ザワワ、ザワワ、ザワワ・・・♪


◆良い休憩場所見ーっけ!

一旦日陰で休憩しないとフラフラになりそうだったので、日陰を探す。でも、行けども行けどもサトウキビ畑。ようやく日陰発見。ニシ浜へ戻る前に一休み。女35歳、無理は禁物なのだ(笑)

続きは波照間島△悄

JUGEMテーマ:旅行
国内ぶらり | - | -

スポンサーサイト

- | - | -